のんびりりんちゃんリハビリ日記

娘、りんは3歳1か月で脳性麻痺と診断されました。両下肢麻痺がありまだ数メートルしか歩けませんが、本人なりにのんびり発達しています。

シルバニア物語

ある日のりんの、シルバニアごっこを記録。



おばあちゃん:「赤ちゃん~!こっちにおいで~!」
赤ちゃん:「おばあちゃ~ん!」



おばあちゃん:「・・ひっひっひ」



ガチャン!


赤ちゃん:「鍵かけられた~!おかあさ~ん!たすけて~!」


お母さん:「赤ちゃん!返して!」


おばあちゃん:「・・・ひっひっひ!」


おじいちゃん:「かえさないじょ~!バイキンパーンチ!!!
お母さん:「きゃー!!助けて~!アンパンマーン!


アンパンマン:「ゆるさないじょ~!アンパーンチ!」


おば&おじ:「効かないじょ~!ひっひっひ」
アンパンマン:「くそ~!顔がぬれてちからがでない~」


リカちゃん:「私があいてだ!リカパーンチ!しょれ~!!



おば&おじ:「効かないじょ~!バイキンパーンチ!」
リカちゃん:「きゃー!」


おば&おじ:「ひっひっひ!」


おば&おじ:「ぜんぶたべちゃうじょ~!!」


お父さん:「やめてくれ!ドラえも~ん!たすけて~!



ドラえもん:「ゆるさないじょ!えーい!」



おば&おじ:「きかないじょ~!」


ドラえもん:ぎゃー!プーさん!たすけて~!」


プーさん:「アーンパーンチ!!!」


おば&おじ:「ぎゃ~~~~~!!バイバイキーン!」


お母さん:「やった!やっつけた!あかちゃん!」
赤ちゃん:「おかあさ~ん!!!!」



めでたしめでたし。




・・なんだこれは・・・・・・・・。



おばあちゃんがいきなり悪役になったのにもビビったが、
プーさんが最強なのか。
おじいちゃんが途中から全裸なのも謎過ぎる。


やっぱりアンパンマンの見過ぎですかね・・。
ほのぼのとしたシルバニアの世界が・・・・(涙)


障害者手帳を貰いました & もうすぐ生活発表会

ようやく、ゲットできました~。りんの身体障害者手帳です。


お医者さんの意見通り、3級でした。
そして2年後には再申請しないといけないらしい。短いな。

手帳の写真って、思いっきり笑顔の写真でもOKみたいですね。
(ダメだといわれるかと思い、真顔の写真も用意したんですが。)


やっぱり、利用できる制度は利用したい。これが我が家の方針です。
3級だと、免除されるのは税金の一部と交通費くらいですが。あとは福祉用具とか。

でも、手帳があるとディズニーランドで並ばなくてもいいというのは本当かな?
ファストパスがないのに並んでいる、ミートミッキーとかで使ってみたいな!
ちょっと次に行くのが楽しみになってきたぞ!



-----------------------------------------------------------------------------------------


さて、来月はりんの保育園の生活発表会です。
簡単に言うと、年に一度のお遊戯会。
毎年ドキドキです。。特にうちの子は3級だから。。
ちゃんと転ばずに出来るかとか、そういう心配もあるんです。


「りんは、発表会で何するの?」


りん「えーっとね、りんはきつねさん!」


「キツネさんの役なんだ?お友達は?」


りん「えーっとね、●ちゃんはうさぎさんで、□くんもうさぎさんで、〇ちゃんはくまさんで、△ちゃんもくまさんで~・・・」


「ふたりづつ、違う動物役をやるんだね。もうひとりのキツネさんはだれなの?」


りんえーっと・・R君!!!」


パパ「は!?」


なんと、りんの王子様、R君とペアできつねさん役をやるとのこと。
もしや、先生にもりんの想いがバレているのでは・・・。


パパ「りんちゃん、パパときつねさんやるのと、R君ときつねさんやるの、どっちが良い?」


りん「R君!!」



パパ「なんだよ・・。保育園に配役についてクレーム言ってやろうかな・・。」



・・それ、モンスターペアレントのすることですから。やめてください。




初歯医者 & 3歳3か月発達記録

前回の記事→虫歯にさせてしまった


行ってきました。歯医者さん
りんには、「むしばいきんをやっつけにいくよ」と説明すると、
やる気満々で行ってくれました。知らないって幸せだな。


歯医者に着くと、初めての環境に少し緊張しはじめるりん。
私の膝の上に乗せて座ってもらいます。
「お口を開けて下さ~い」
と、お医者さん。素直にいう事を聞くりん。


医者:「うーん、虫歯ですねえ・・。お子さん、度胸はありますか?」


私:「いや、ないです。」


医者:「そうですか・・・。これ、今日いきなり治療に入ってしまうと、2,3年は歯医者嫌いになってしまうと思うので、まずは虫歯の進行を遅らせる薬を塗って、様子を見るのをお勧めしたいのですがよろしいですか?」


私:「そうですね・・」


医者:「じゃあ、1か月に一度ここに来てもらって、虫歯の様子を見ることにしましょう」


ということで、今回は虫歯の進行を遅らせるお薬と、フッ素を塗るだけにしました。
虫歯の進行を遅らせる薬は、歯を黒くする副作用があるそうですが
まあ、奥歯だし、歯が入れ替わっても残るわけではないので別に良いかと。


さすがのビビリなりんも、これだけでは泣きもせず、5分程度で終了。
ご褒美シールを貰いました。

何故か色々なシールの中から、「歯のシール」を選ぶりん。


「パパ!むしばいきんいなくなったよ!」
帰ってからパパに報告していました。


私:「いや、まだいるよ。お薬塗っただけ。」


りん:「ちがう!!むしばいきんいなくなったの!!
おいしゃさん、やっつけてくれたの!」


半べそで怒られてしまいました・・。


また歯医者さん行かないといけないんですが・・。


----------------------------------------------------------------------


そして、正月休みが終わり、バタバタしているうちに3歳3か月になっていました。
この一か月の発達を振り返り。


■身体
身長:93.4センチ(一か月で2センチ伸びた・・)
体重:12.8キロ


■のんびり運動発達
何もつかまらずに立ち上がることが4.5回あった
 (皆で褒めたらやりにくくなったのかやらなくなった・・。)
・近所のコンビニ位なら、ベビーカーを持たずに歩いて行き来できるようになった。
・家から、大人の足で徒歩10分位の図書館まで、歩いて往復した。
 (手は繋いだり繋がなかったり。)


何回転んでもへこたれず、歩こうとする気力はすごいと思います。
お友達のように歩きたいんだろうなあ。
装具は基本拒否。履かせても勝手に脱ぎます。
装具+靴を履くと、大き過ぎて歩きにくいのかさらによく転ぶので、
リハビリの先生にも履かなくて良いと言われてしまいました。


■言葉
「超」「めっちゃ」「やばい」など、あまり可愛げのない言葉を使うようになった。
・一時期「バカ」とかもよく言うようになり、何度か注意をして、ようやく使わなくなった。
・過去の事は全て「きのう」、未来のことは全て「あした」としてよく話してくる。


■好き
・遊び:基本、シルバニアでのお人形遊びが中心。その他はレゴで何やら作る、お絵かき、アプリゲームなど。
・テレビ:アンパンマン、しまじろうのわお、ソフィア、ミッキーマウスクラブハウス、
ドラえもん、(その他、子供向けアニメが流れていたら集中して見ている。)
「おかあさんといっしょ」は残念ながら卒業。(私はだいすけお兄さん好きなのに!)
・色:ピンク大好きっこが、突然の「青が好き」宣言をしてきた。


■食事
胃腸炎騒動が回復してから、急に食べる量が増えた。
・野菜嫌いですが、にんじん、なすは急に「好き!」と言って食べれるようになった。
・保育園では毎日完食しているらしい。
おもち初挑戦!小さく切ったものでも、ブホッといって吐き出してしまいました。
 まだ早かったか・・。


■トイレ
トイトレ・・って・・なんでしたっけ?(泣)
すみません、親が挫折しています・・。こ、今年中にはなんとか・・・!!
大の方は自然に、事前報告してくるようになりました。


■生活
・着替え:下は出来る。上は半そでなら出来るが堅い生地の長袖だと駄目。
出来ても「手伝って~」という事が多い。
・ようやく、シャンプーハットなしで髪を洗わせてくれるようになった。
・昼間どんなに遊んでも、夜、家を強制全消灯しないと何時まででも遊ぼうとする。
(正月休みは親と共に随分夜更かししてしまいました・・。)


■病気
虫歯発生。
霰粒腫という目の腫れの繰り返しに悩まされる。


■その他
・今までは100%「ギャン泣き」だったが、突然、50%の確率で「しくしく泣き」をするようになった。
・簡単な絵本は、曖昧な記憶で私に読みきかせてくれるようになった。
(「ねずみくんのチョッキ」シリーズが覚えやすいのでよく読んでくれる)



こんなかんじで・・
突然の変化が多かった1か月なので、ちょっと詳しめに記録してみました。