のんびりりんちゃんリハビリ日記

娘、りんは3歳1か月で脳性麻痺と診断されました。両下肢麻痺があり上手に歩けませんが、本人なりにのんびり発達しています。

お花見 & 今月の療育

こんにちは。3月っていうのが信じられない位暖かいですね。
もう今日なんて暑い位です。。
4月初めにお花見をしようとパパと休みを合わせていたのに、それまでには散ってしまいそうなので、今日のPTの前に療育センターに行く途中にある比較的大きな公園で、りんと2人でお花見をしてきました。


お花見スポットといえる程の場所ではないのですが、レジャーシートを敷いている人は結構いました。


場所によってはもう葉桜になりはじめている木もありました。


お散歩していると、どんどん日陰の方に歩いて行き、なぜかどんぐり拾いにハマるりん・・・。今春なんですけど。。
去年の秋のものがまだあるって事でしょうか・・?
どうして子供ってどんぐりが好きなんでしょうかねえ。


ちょうどお昼の時間だったのでここで朝簡単に作ってきたサンドイッチを食べました。
一応お花見気分は味わえたので良かったです。


そして予想通り、りんは公園で地べたに座り込んだり転んだりして服がドロドロに汚れたので、
着替えてから療育センターに行きました。



ストレッチをしながらPTの先生に、


「あたし、Rくんとしょうらい結婚したいの。おなじ保育園なの。
しょうがくせいになったら結婚できるの?
じゃあちゅうがくせいなら?じゃあこうこうせいなら??」


と、恋愛相談をしているりん。(笑)
近くでリハビリをしていた高校生くらいのお姉さんにも聞こえたみたいで、笑われていました。
でもそんな会話をしながら出来るくらい、嫌いなストレッチも慣れてきたようです。


そして少し前まではちょっと乗るのも怖がっていた大きなバランスボールでの体操も
大分慣れてきていて、先生が結構雑にりんを振り回しても、キャーキャーはしゃいでいました。


そのあとはりんの希望でキャッチボール。下手なりにも集中してやっていました。



パラリンピックで少し有名になってきた「ボッチャ」という球技を、
昨日療育センターでやっていたそうです。定期的にやっているのかな?
小学生から出来るそうなのですが、りんも対象になりそうなので機会があったらどうですか?と言われました。
こんなりんでも楽しんで出来るスポーツがあればいいなと思っていたので、もう少し大きくなったらチャレンジしてみるものいいなと思いました。

ようやく、保育園個人面談 (3歳児クラス最後)

先月行う筈だった保育園の個人面談ですが、丁度やろうとしていた週にインフルエンザが大流行。担任の先生までインフルにかかってしまい、伸びに伸びてやっと先日出来ました。
もう卒園式も終わっている時期なのにね。


とりあえず、今回も話したことを記録したいと思います。



■先生から、りんの園での様子


「生活発表会では誰よりも堂々としていて、りんちゃんがトップバッターで大きな声を出して歌うから、他の子も緊張せずにやってくれました。本当、お世辞ではなくりんちゃん無しでは出来なかった位、練習の頃から皆をひっぱってくれたんですよ。
年中が近づいてくると、りんちゃんの足のことをバカにする子も中には出てくるのではないかと思っていたんですけど、私が見る限り、全くそういうことは無いです。元々のりんちゃんの明るい性格のお陰で、皆りんちゃんの事が好きです。」


でた。皆をひっぱるキャラのりん!先生褒め過ぎですよ。。
あのフニャフニャのりんにひっぱられてるクラスって一体・・。(笑)
大袈裟でも褒めて頂けると親としては嬉しいですけど。



私:「家ではかなり我儘なんですけど、保育園では先生や友達に対して我儘言っていないですか?」


「園では我儘も殆ど言わないです。多分園で我慢している分、お家で我儘を言ってしまうのだと思います。時々、お尻を出したりおふざけ行動はしますけど、いつもカニの真似をして皆を笑わせたり、とにかくりんちゃんは明るくて良い子です。」


マジですか・・・。りんのカニの真似・・全然面白くないんですが。(笑)
家では本当にあーでもないこーでもないと、我儘なガキんちょなので、それが園で出てなくて良かったです。
私は幼稚園時代凄く大人しくて、決まった2,3人の友達としか口をきかなかったタイプなので、りんは私似ではなかったようですね。。似なくてよかった。



■私:「りんのロッカーの場所が変わったみたいなんですけど、どうしてですか?」


「今までりんちゃんは装具を置く場所の関係で、一人で2人分使っていたんですけど、ひとりだけ離れたところを使っているのも可哀想なので、私の判断で変えさせて頂きました。装具用の袋も来年度作ってあるので幅に関しては大丈夫です。」


昨日までりん用に2人分の幅を取っていたロッカーが、いつの間にかR君と場所が代わっていたのでびっくりしたんです。特別扱いしたくない、という先生の気持ちはうれしいが、R君なら大丈夫なんでしょうか?年中さんになり、特別扱いされていると他の子が何か言ってくる可能性があるから変えたのかな?と私は思いました。。人間関係は問題なさそうとはいえ、何か先生も懸念しているところがあるのではないかと思います。



私:「装具なんですが、『体操教室のときしか履いていない』とりんが言っていたんですけど・・」


「いえいえ、そんなことないです!毎朝2階の教室に入る時に履いてもらっていますよ!」


私が朝りんを送る時間帯は縦割り保育の時間なので、赤ちゃんがいることもあり、上履きも装具も禁止なんです。その後、各自の教室に行くときに履かせてもらっているのかが問題なのですが。。
しかし、保育園内の写真で、皆は上履きを履いている中、ひとりで裸足でいるりんの姿を結構見かけるんでけど・・・。たまたまなのでしょうか。。
あまりこれ以上突っ込まないようにして、改善してもらえることを期待します。
補助の先生も1人付いているんだから、忙しくて出来ないとは言わせないぞ。



■来年度について


「来年度も今年度に引き続き、加配として先生を1人多く付ける体制を取る予定です。
ただ、りんちゃんはなんでも出来ちゃうので一日中ぴったりつくことはないですが。」


つまり、今年度と変わらないってことです。
今年度の時は「加配ではないが先生がもう1人つく」と言っていたが、今回は加配として付くそうですね。この差はなにかしら?



■私:「りんの足以外で、ちょっと発達が遅れていると思うところはありますか?」


「ひとつだけ気になるのは、お味噌汁のお茶碗を持っている手の力が抜けて落とすことがよくあること。麻痺があるというか、多分筋力の問題かなと思うのですが・・。
それ以外は何も問題ないです。はさみの使い方も上手ですよね。」


はさみ・・・あれで上手というのか・・・?添える手の位置が変ですよ。
皆そんなもんなんでしょうか・・。
お茶碗については、家ではないので謎です・・。
また診察があるときに聞こうと思います。



他になにか・・・


「特にないです。」と答えましたが、りんがどうこうよりも、最近の保育園の先生方の様子の方が気になってしまいます。


この3月末で、退職する先生があまりにも多いんです。半年もしないうちに退職する先生もいます。今年度は途中で体調不良を理由に突然退職する先生も不自然に多かったし、園長先生も体調不良で突然の退職、新しい園長が来たがその人もこの3月末で退職。もうあまりにもコロコロ先生が入れ替わるので、誰が誰だかよくわからなくなってしまいました。
正直、昨年度までは退職する先生なんて殆どいなかったので、「おいおいこの保育園大丈夫かよ?」という感じです。邪悪な雰囲気を感じるぞ!!


・・なんて、言える勇気はありませんでしたけど(笑)。
まあ誰かしら言ってるでしょうね。。


やっぱり、この保育園は人事異動が多過ぎるんですよ。昨年度末は仕事が出来そうな先生を沢山異動させて、今年度は新入社員の先生ばかり入れて、仕事が大変だわ、親から苦情はくるわで嫌になってしまうんじゃないでしょうか?

こどもちゃれんじ プラスコース辞めました

特に幼児教育には興味がないものの、子供の暇つぶし、おもちゃ代わりになりそうなこどもちゃれんじだけは、Babyの頃から続けています。
豪華なおもちゃは誕生日とクリスマスプレゼントだけにして、その繋ぎはしまじろう。という感覚で・・。


それで、毎年、オプション教材のプラスコースというものも付けるべきかどうか・・悩んで、結局付けていたんですけど。。


■こどもちゃれんじ ぷち の頃



絵本が好きそうだったので、読み聞かせプラスコースにしました。



良い点
・好みが偏らず、いろんな絵本に出会える。
・たまにりん的大ヒットな本に出会える。
・ひらがなが読めるようになった最近、自分で読めるレベルの本が多い。


悪い点
・りん好みではない絵本は、一度も読まないで終わる
・本がペラペラで安っぽい。
・色んな本を読みたければ図書館から借りればいいのでは・・・?


というわけで、絵本プラスコースは一年で終了。



■こどもちゃれんじ ぽけっとの頃



この頃のりんは、先生に発達障害を心配されるくらい〇を描き始めるのが早く、1歳代で顔のようなものも描いていたので、「美術の才能があるのでは?」と親バカな私は表現プラスコースにしてみました。(今や絵は完全に他の子と同じレベルです・・・工作は苦手かも)


良い点
りんは楽しそう


悪い点
・とことん不器用で、手先を使う作業が苦手な私は、付き合うのが面倒・・(オイ)
所詮、2歳児クラスの作品。親が手伝う範囲が多い。
上の写真のカゴの切りとりとか・・やめてくれよ・・。
・作った後の作品の置き場所にも困る。
・保育園で工作はよくやってるし・・・・


というわけで、表現プラスコースも一年で終了。



■こどもちゃれんじ ほっぷ



工作に付き合うよりもキッズワークの方が良いなあ・・(←勝手)。りんもワークをやるのは好きな方だったので、知育プラスコースにしてみました。
通常のキッズワークに、もう一冊、倍のページ数のワークが付くという物です。



良い点
ワークが沢山できる


悪い点
そうは言っても一日で終わる量


こんな感じで、プラスコース色々やってみましたが、どれもあるに越したことないが、別になくてもいいなーというのが正直な感想です。
それなら本屋でりん好みのものを何か買い足す方が良いような気がしました。
しかもプラスコースだけは何故か一括払いなので、あとで解約返金作業っていうのも面倒臭がりの私はやらず。。


次の「すてっぷ」のサイエンスプラスコースってのも、ちょっと気になりましたが・・。
結局同じことになるのかなーと思い、今年は思い切って辞める選択をしてみました。