のんびりりんちゃんリハビリ日記

娘、りんは3歳1か月で脳性麻痺と診断されました。両下肢麻痺があり上手に歩けませんが、本人なりにのんびり発達しています。

泣きそうになった‥生活発表会

今日は、待ちに待ったりんの保育園の生活発表会でした。
りんのクラスは絵本「てぶくろ」の劇と、
0.1歳児クラスと合同で、「山の音楽家」の合唱をします。


「てぶくろ」では、りんはボーイフレンド(?)のR君とキツネさんの役をします。
マイペースなりんなので、乗り気がないと全く歌わないかもしれない・・。
そして、舞台上で転ぶかもしれない・・。
でもきっと、R君がフォローしてくれるはず・・・。
不安と期待で一杯でした。


まずはじめに、うさぎさん役の子達が出てきました。
優等生の2人なので、歌もダンスもきちんと可愛くこなしていました。
いいなあ~。この安心感。。。


つぎは、キツネ役。りん達の番です。ふらふらしながら出てきました。

「あれは、なんだ~?コンコン!」


あれ?りん、ひとりでしゃべっています。。
まさかの、R君の方が緊張からか、何もしゃべれないモードになっているようです。


そして、ピアノの前奏が始まりました。てぶくろの歌を歌います。
これは共倒れのパターンでは・・?と、ますます心配になってきましたが、


「♪ふわふわっふわふわっぬくぬくっぬくぬくっな~んだろな~?♪」


なんと、りん、独唱状態でもR君の分まで大きな声で一生懸命歌っていました!
家ではほとんど歌ってくれなかったからダメかと思っていたのに。。

・・と、ここで転倒。。


でも、一人で立ち上がりました!


そして、転んだことを引きづることなく、また歌い続けてくれました。


「♪すてきな~すてきな~おうちに~おうちに~、は・い・り・ま・しょ~♪」


全部歌えた~・・!


「コンコン!い~れ~て~!」


(「い~い~よ!」)


「ふわっふわで、ぬっくぬく~!」


残りのセリフも全部大きな声で言えました!


りんの力を疑っていてゴメン・・・。
親の予想以上にやってくれたりんを見て、泣きそうになりました。
いや、泣きました!!泣くでしょこれ!


去年は先生に支えられながら舞台に出ていた子が、お友達の分まで頑張っていた・・。
一年で、人間ってこんなに成長するものなんですね・・。


山の音楽家も問題なくこなしてくれました。
2回ほど、ストンと転んで消える魔球のようにビデオカメラの画面から消えていましたが。。(笑)


いやあ、でもよくやった!
今日撮ったビデオは永久保存です。
そして、りんの力を信じ、過剰な補助を付けずに見守ってくれた先生方にも感謝します。。