のんびりりんちゃんリハビリ日記

娘、りんは3歳1か月で脳性麻痺と診断されました。両下肢麻痺があり上手に歩けませんが、本人なりにのんびり発達しています。

ひらがな読めなくてもかるたは出来る!

あけましておめでとうございます!


お正月は家でまったり過ごしています。
夫の実家へは、次期をずらして行く予定。


お正月といえば、家族でやるゲームですよね!
まだうちの子は何も出来ないと思っていましたが、
一か八かでかるたを購入してみました。

ぐりとぐらかるた
ぐりとぐらかるた
福音館書店

これ、私が幼少の頃持っていたんですよ。ぐりとぐら大好きでした。
ノンタンのかるたか、トトロのかるたか・・いろいろ迷いましたが、
結局自分が好きだったかるたを娘にも遊んで欲しくなりまして・・。
ちなみにぐりとぐらの絵本はイマイチ食いつき悪いです。
私が鼻息荒く、りんが1歳になった頃位からぐりとぐら推しをしているから嫌になってしまったのか、自分から「読んで」と言ってきません・・。


「ママ、これなあに?トランプ?」
かるたを見せると興味深々のりん。
絵のかるたを並べ、「ママが読むカードを取ってね」
と、説明し、読み上げると、
意外や意外。予想外に殆ど取れるじゃないですか。時間もあまりかからない。
2,3枚解りづらい絵があった位。


「よくわかるね!」
りん「だってわかるもん!」


ひらがな読めなくても、かるたは問題なく出来るようです!


やっぱり、ぐりとぐらのかるたの絵が素晴らしくわかりやすかったのでしょうね!
これを選んでよかった!

次はパパも参戦し、競争すると「りんちゃんのカードよ!」とキャーキャーいって盛り上がりました。

ちょっとパパに取られてしまうと、大泣きするりんでした。
真剣勝負ですね。


あわよくば、これでひらがなに興味を持っていただきたいのですが・・・。
うちのりんはまだまだっぽいな・・。まあ焦らず見守ろう。


話はそれますが、私が思い出に残っている絵本は
「ぐりとぐら」の大きなカステラ、
「からすのパン屋さん」の沢山のパン、
「ノンタンのたんじょうび」のノンタン型のクッキー・・等、
おいしそうなものが描かれているものばかりということに気が付いた今日この頃です。