のんびりりんちゃんリハビリ日記

娘、りんは3歳1か月で脳性麻痺と診断されました。両下肢麻痺があり上手に歩けませんが、本人なりにのんびり発達しています。

男前R君

先日。
いつも通り、仕事が終わり、保育園に迎えに行き、
先生に様子を伺い、さようなら~と教室を出ようとすると、


「りんりん!」


と、突然一人の男の子が教室の奥から駆け寄ってきました。


「りんりんタッチ!」


りんとハイタッチをした後、男の子はまた元にいた場所に走って戻りました。


ん?あの子は・・


あのR君じゃないか!! (※参考記事→パパショック!)


普段はりんの方が早く保育園に行き、りんの方が遅く帰るのであまり面識はなかったのですが・・。
なんか男前だぞ!?
顔立ちも整っているし、背も高いし、しゃべり方も、赤ちゃんが「りんちゃんタッチちよv」と言っている感じではなく、お兄ちゃんが言っているような・・。
頼り甲斐がありそうな子じゃないか‥!

ああ、うちの子はふにゃふにゃで変な歩き方で大変だと思いますが、どうかこれからもよろしくお願いします・・と、教室のドアから彼を見つめて帰りました。(←大袈裟な‥)



その後、帰宅したパパにそのことを伝えると、


パパ:「りんはかわいいからモテてるんだな。」(※モテるような可愛さは無いです※)


私:「違うよ。りんもR君が好きだから仲良しなんだよ」


パパ:「その話だけじゃりんもR君が好きだとは限らないじゃん。」


私:「だからこの前『R君好き!』って言ってたでしょ!」


パパ:「いや、3歳児の気持ちなんて移り変わり激しいからそんなのわかんないよ。」


こんな小さな話でも、認めようとしないパパでしたが・・。



昨日の夜。


りん:「りんちゃんのテレビ観たい!」(←ビデオカメラで撮ったりんを観たいという意味)


と、言ってきたので、昨年度の保育園の生活発表会を一緒に観ていたのですが、
R君が登場する場面で、こっちは何も振れていないのに


「きゃあああ!!しゅてきいいいい!!!」


と、両手を組んで、びっくりするほど大きな声で叫ぶりん・・。
まるでドキンちゃんが「食パンマン様すてき~!!」と叫んでいるかの様でした。


‥むしろ、りんの方がかなりR君のことを好きじゃないか。


事実は事実だ。認めなさいパパよ。



昨年度の生活発表会の時は、りんは支え無しで立位を保つことが全くできなかったので
先生に終始支えてもらっていました。
この10カ月で大分成長したような気がします。