のんびりりんちゃんリハビリ日記

娘、りんは3歳1か月で脳性麻痺と診断されました。両下肢麻痺があり上手に歩けませんが、本人なりにのんびり発達しています。

今月の療育 & ハッピーハロウィン

今月の療育。
最近、「良い子にPTの先生のいう事を聞いて頑張ったら帰りにガチャガチャを一回やらせる」というのがお決まりのパターンになってきました。


「いや」って言ったらだめだよ、と最初に私と約束しましたが、
実際、大袈裟でなく100回はイヤイヤ言っていましたね・・・。
特にストレッチの間は、毎度のことながらりんの「いやあああああ~!!やめて~!おしまいにしてええええ~~!!」の叫び声が響き渡っていました・・。


りんはひざを曲げて歩く為、ももの裏が硬くなってきているそうなので、
家でも、ももの裏を伸ばすストレッチをするようにと言われました。
足を伸ばして座って前屈をしたり、足を上げて膝を押さえながら伸ばすストレッチです。
よし、毎日頑張ろう。


その後はバランスボールでストレッチ。(すごい格好だな・・)



またまた出来ないくせに野球をしたいと言い張り、この日のPTは終了です~。



りん:「ママ、帰りにガチャガチャやろうね!先生さよーなら~!」



これ、良い子にして頑張れたと言えるのか、毎回疑問なんですけどね。。



ガチャガチャでゲットしたのはアリエルの腕時計ですが、1日で時間が正確に表示されなくなりました。。りんに時間は関係ないらしいが。





次の日は、保育園のハロウィンでした。
朝、仮装させての登園、面倒臭いなあと思っていましたが、
本人はノリノリで、いつもよりも準備が早い早い。。
「ママ、早く準備して~!」と、普段と逆の立場になっています。。
「ハッピーハロウィン~!」「トリックオアトリートォ~!!おかしをくれないといたずらするぞおお!」と、早朝に叫びながら小走りで保育園に向かい、7時には園に到着してしまいました・・。いつもより30分早い。


早く園に着き過ぎたので、同じクラスの子がどんな仮装しているのかは解らず、
お迎えの時、りんに聞きました。


「お友達はどんな仮装してたの?」


りん「えっとね~。Aちゃんがありのままで、Bちゃんがちょうちょ。すごくかわいかった!」


「Aちゃんがありのまま」ってのは・・・仮装をしていないような言い方ですが(笑)、
エルサの事らしいです。りんが事前に言っていた通り、本当にプリンセスになっていたんですね。


「他のお友達は?」


りん「Cちゃんがラプンツェルで~、Dちゃんがあたしと同じ魔法使いで~、Eちゃんがかぼちゃのおばけで~、Fちゃんがお姫様で~、Gちゃんがミニーちゃん」


「いいねえ~。男の子は?」


りん「H君はスーパーマンで、I君はアンパンマンで~、J君はミッキーさん。K君はミニオンズ」


「楽しそうだね~」


りん「Lくんはね~・・・・ピーヒャラピーヒャラぱっぱパラパ♪だった」


「なにそれ?ちびまる子ちゃん???」


りん「うん」


「ちびまる子ちゃんの仮装とは・・面白いね~。りんも似合いそうだから来年そうしようか。」


りん「ちがうよ。Lくんまるちゃんじゃない」


「なに?ちがうの?Lくんは何の仮装したの?」


りん「えーとね・・・つみき。


「積み木!?斬新な仮装だね・・・!発想がすごい。。。」


りん「うん」


「本当に積み木なの?」


りん「ちがう。積み木じゃなくて・・頭に黄色いリボンがついていて・・・
お洋服はみどりがいっぱいなの・・・


「黄色いリボンにみどりの服・・・・なんのキャラだろうね・・・?」


りんうん・・。かっぱかなあ・・」


ハロウィンに河童の仮装(笑)。。中々いないと思いますが。
L君実際は何の仮装をしたのか気になって仕方がないんですけど。